瞑想

更新日:2018年8月9日

呼吸をしている

無意識であっても、最低限の肉体的活動 呼吸

息をしている 体が、勝手に、酸素を取り入れる。

心がどうであれ、体は、常に生きるために動いている。

一瞬一瞬、心臓は、全力だ。


新しいものをつくる

脳内の記憶、知識、経験からなるデータバンク。

みたもの、きいたものをただただごちゃ混ぜにして、作り出す、キメラのようなものは、

所詮焼きまし、既存のものを重ね合わせたものに過ぎない。

では、どうすれば、オリジナルのクリエイトになるのか。

データバンクに接続するふたつのカプセル。

カプセル1 真理 信念

カプセル2 愛 伝えたい想い

データバンクにこの2つのカプセルを接続する。

どこのだれに どこで どんなカタチで をフィルターとし、混ぜたものをふるいにかける。

そして、キメラが洗練され、オリジナルの新しく見えるもの メッセージの強いもの が生まれる。



静寂 無の境地

全身の感覚 みたい ききたい 感じたい 

全ての感覚を探すことをやめる。

耳をすまさない。

何もイメージしない。

身体の表面上も、中身も、感覚をもとめない。

血流、エネルギー、光、痛み、それらを必死に探すこと。


一切の感覚を感じたい という意識を、消す。

そうすると、全てが消え去り、真っ白で何もない世界が訪れる。

そこへ、勝手に、感覚がやってくるのだ。

静かに

ゆっくりと。

何もなくなると、全ての存在に気づいていく。





閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示